【ZANEARTS】次は山へ、登山用テント発表 ヤール1(YAR-1)/ヤール2(YAR-2)

【ZANEARTS】次は山へ、登山用テント発表 CAMP
この記事は約3分で読めます。

2023年キャンプブーム終焉、各ブランド・メーカーは現在2024年春(グリーンシーズン)を迎えました。

現状在庫過多の状態はまだしばらく続くと考えられます。

新型コロナウイルス感染症の蔓延で、人との距離(ディスタンス)をとれるキャンプがブームとなりました。

各ブランド・メーカーは作れば売れる状態が2年続き、新しい提案をするブランド・メーカーが少なかった印象です。

2024年は新型コロナウイルス感染症も落ち着き、キャンプブーム終焉で出せば売れる時代は終わり

各ブランド・メーカーにおいては、他との差別が必要となりました。

ZANEARTS(ゼインアーツ)においても、販売開始即完売と行かなくなりました。

在庫過多の状態が続いている中、やはり人気は健在

まだ、人気新製品はなかなか入手できないものあるようです。

そんなZANEARTS(ゼインアーツ)から、新たに登山用テントが発表されました。

代表の小杉さんは、もともと山岳部に在籍したことや本拠地を長野に構えたこともありやりたかったことがここにあったのでは?と思われます。

今回はZANEARTS(ゼインアーツ)からの登山用テントを紹介します。

ヤール1(YAR-1)/ヤール2(YAR-2)

今回発表されたのは、ヤール1(YAR-1)/ヤール2(YAR-2)

「ヤール」という命名は槍ヶ岳をもじったもの。YARI→YARがその由来!

プロダクトネーミングはいつも独特ですね。

PEAKSのインタビューで

「じつはブランドスタートのころ、すでにサンプルを作ったりもしていたんです。5年かけて少しずつ磨いていった結果、今回の『ヤール』にたどり着きました」

引用:PEAKS

やはり、山の魅力を提案したかったのでしょう。

登山用テントとして重要なのは、とにかく軽量

小杉さんの経験から、とにかく軽さを追求。それでいて自立型で出入口を広くとり出入りしやすさも追求。

さすがとしか言いようがありません。

2人用のヤール2(YAR-2)で重量は最小重量:970g(最大重量:1,300g)

フットプリント、ペグ12本、2㎜径ダイニーマ製ガイライン、スタッフバッグが付属。必要なアクセサリーがすべて付属との事

1人用のヤール1(YAR-1)は最小重量890g(最大重量1,200g)

価格はなんと、2人用のヤール2(YAR-2)で39,930円と1人用のヤール1(YAR-1)は37,950円で4万円を切るそうです。

最後に

【ZANEARTS】次は山へ、登山用テント発表

今回紹介しました、ヤール1(YAR-1)/ヤール2(YAR-2)はオンラインショップで6月より販売開始予定です。

個人的には山は経験がないが、魅力は感じていました。

この価格、このサイズ感、この重量は山へのチャレンジの一歩になりそうな予感です。

ZANEARTS(ゼインアーツ)はもともと山へ誘うことを目標にしていたのかもしれません。

今後、登山用・山岳用の展開の動きがあるかもしれません。

 

 

コメント